1/2ボディにウェディングドレスを着せよう ~パニエ制作&仮縫い補正編~

Writing Dates: 2016/08/12 (金)

 


こんばんは、ファッションメイドです。

 

 

前回までのあらすじ

 

 

前回投稿記事

 

IMG00057

 

IMG00058

 

 

「家に放置されていた、1/2縮小ボディに、
ウェディングドレスを作ろうと張り切って仮縫いしたら、
布の組み合わせが最悪で、メチャメチャダサいものになってしまった。」

 

と、言うところまで書きました。

今回はスカート部分にボリュームを持たせたいので、
パニエを作ることにしました。


お先に完成図をお見せします。

 

IMG00090

 


現段階では、本体のドレスよりも可愛いです。

 

 

作図

 


早速作図をします。
と、言っても書いたのはこれだけ。

 

IMG00059

 


土台のギャザースカートとベルトだけです。
フリルは長い長方形を使うだけなので、型紙はなしです。
(作図に書いてある数字の長さに切ります)

 

使う素材はこちら

 

IMG00060

 

両方とも日暮里にて1m100円で購入したものです。
左の布は私物です。

柔らかくてフワフワした風合いです。

右は雨合羽などに使われる素材に似た風合いです。
これを選んだ理由は、


色が白くて
安くて(見えなくなるものに1m100円以上は使いたくない)
張りがあって
服として成立する布


と、いう条件で探した結果です。


パーツが少ないため、裁断も説明する箇所もなく終わったので、
早速縫っていきます。

 

 


縫製

 

 

まず最初に、土台のスカートの右脇を縫います。

 

IMG00061

 


そして、縫い代を2枚同時にロックミシンをかけていきます。

 

IMG00062

 


土台はとりあえずここでストップして、フリルを作っていきます。

 

IMG00065

 


長めに裁断したサテン地の横方向に、巻きロックをかけていきます。

 

IMG00066

 

こんな感じです。
3段分(6本)かけていきます。


次にフリルのギャザーを寄せていきます。

 

IMG00068

 

 

普段は、このダイヤルの数値でミシンをかけているのですが、
ギャザーを寄せるときは、

 

IMG00069

 

ダイヤルの数値を大きく(ミシン目を粗く)して、かけていきます。

 

IMG00070

 

糸を長めに引き出して(後で引っ張る為)
端から5ミリと7ミリの所にかけていきます。


何故2本かけるかというのは、写真を撮り忘れたので、
次回説明します!

 

粗ミシンをかけ終わったら、最初に長く出しておいた糸を
引っ張りながら、ギャザーの間隔を調節し、
土台のスカートにピンでとめていきます。

 

IMG00071

 

ピンでとめたら、しつけをかけて、ミシンでとめていきます。
(ミシンのダイヤルは戻す)

 

IMG00073

 

フリルの端から1センチの所に止めミシンをかけます。


この時、端から縫うのではなく、
10センチ先から10センチ手前までを、縫うようにします。

端はピロピロなる状態にしておきます。

 

IMG00072

 

3段分止めミシンをかけ終わった様子です。


そしたら、土台のスカートの左脇を縫っていきます。

その時、つけたフリルは一緒に縫わないようにします。


左脇には、開きを作らなければならないので、
開き止りまで縫って、右脇と同様にロックミシンをかけます。

 

IMG00075


左脇を縫って、表から見た様子です。


フリルがペロペロしているのを、処理していきます。


まずフリルの縫い代を中表に合わせて縫い、
2枚合わせてロックミシンをかけます。

 

IMG00076

 

表からみた様子です。

 

IMG00077

 


繋がったフリルの縫い代にギャザーを寄せ、
(短い距離なので、粗ミシンをかけず、間隔で寄せました)
ピンをとめます。

あとは、最初にフリルをつけた止めミシンと繋がるように、止めます。


こうしないと、フリルが縫い代に巻き込まれてしまい、
あまり綺麗につかないので、この方法がおすすめです。

一番上の段は、開き止りがあるので、
途中までミシンとロックミシンをかけます。

開き止まりにかかる部分まで縫い合わせてしまうと、
開かなくなってしまいますので、注意です!

スカートの脇もつながったので、
裾も三つ折りにしてミシンをかけます。

 

 

そして、開きの処理をします。

本来普通のスカートなら、ファスナー等をつけるのですが、
今回は見えない上に、人間が着るものではないので、
縫い代を折って処理します。

 

IMG00078

 

IMG00079

 

5ミリの三つ折りにして、ピンでとめます。
この時に、一段目のフリルの縫い残した部分も一緒に巻き込みます。

 

IMG00080


そして、まつり縫いをします。

 

IMG00081

 


こんな感じになりました。

そして最後に、ベルトをつけます。

 

IMG00082

土台のスカートに、粗ミシンをかけ、ギャザーを寄せて、
ベルトと縫い合わせます。

 

IMG00083


そしてベルトの角になる部分を中表に合わせて、
こんな感じに縫い合わせます。

 

IMG00084

アイロンで整えて、表にひっくり返し、
縫い代をピンでとめて、ぐるっとミシンをかけてとめます。

 

IMG00085

 

ホックをつけて完成です!

 

IMG00086

 

 

 

IMG00087

 

ボディに着せてみました。

 

ただ、何となく裾の張りのなさが気になったので、
裾の縫い代にボーンを通すことにしました。

 

IMG00088

 

以前、あるアーティスト様の衣装を制作した時のあまりが残っていたので、

 

IMG00089

 

裾の縫い代をほどいて、
通しながらミシンをかけ直しました。

 

IMG00090

 

ボーンを通した後の写真です。

IMG00087   IMG00090

 

2枚並べてみると、差がわかると思います。


そして、完成したパニエの上に、
前回作った、超絶ダサい仮縫いを着せてみます。

 

IMG00091

如何でしょう?
何もかもダサかったドレスから、
シルエットだけは可愛いドレスに変わりました。

 

IMG00057    IMG00092

 

パニエを入れる前と後ではこんなにも違います!

 


そして、ここから立体で形を作っていきます。

 


スカートを立体的にする

 


シルエットだけは綺麗なドレスに、
バージョンアップしたこいつですが、
スカートを立体的にしていきます。

 

IMG00108

こんな感じにしたいのですが、
あまりにもデザイン画が雑すぎて、
イメージが伝わっていないと思うので、
工程を見て納得してもらえればと思います!

 

 

まず最初に、デザイン画の右側部分のカーブを作ります。

 

 

IMG00094

 

何となくピンで位置を示して、

 

IMG00095


ザクッと切り落とします。

そして、一番へこんでいる部分
(ピンで直線が引いてある部分)に
ギャザーを寄せていきます。

 

IMG00096

 

こんな感じになりました。

デザイン画では、ギャザーを寄せた部分に
花のコサージュがついているのですが、
ここでも付いていたほうが、シルエットを想像しやすいと思いまして、
レンタル商品から、使えそうなコサージュを持ってきました。

 

IMG00098

 

 

こいつを・・

 

IMG00099


装着すると、一気にドレス感が増しました!


あとは、自由に色々な所をつまんだりして、
形を作っていきます。

 

IMG00100

 

IMG00101

 


作業途中風景です。
大分ドレスっぽくなりました。


そして完成品がこちら

 

IMG00102

 

やはり色合いが超絶ダサいものの、形は中々可愛くなりました!

 

IMG00103

 

アップにするとピンがむき出しになっていて、少し怖いです。

 

 

IMG00109


どうでしょう?この圧倒的存在感!


この時点で中々の大作になる予感しかしないです。

ここまできて、やっと補正が出来るのです。
つくづくドレスを作るのは大変な作業だなと思います。

 

 

補正

 

 

今回の補正点ですが、
身頃、スカート共々大きな補正はないのですが、
後ろにトレーンが欲しいので、スカートの丈だけを変更します。

 

IMG00104

 


後ろ姿の写真です。

 

IMG00106

 

目打ちが置いてあるあたりまで、引き伸ばしたいと思います。

 

16-07-13-11-25-53-584_deco

 

これは、本縫い用のパターンを作っている最中の写真なのですが、
ピンクのラインが元の線で、紫のラインが訂正した線です。


後ろだけ引きずるように訂正しました!


次回は、型紙を作って裁断して本縫いに入る予定です。


汚い茶色が純白のドレスになるので、
みなさんお見逃しなく!

 

 

それではまた次回!!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Faleco Inc. Group

Falecoグループでは、映像製作やイベント向けの衣装レンタル、個人様向けブランドドレスレンタルも行っております。
衣装の事はFalecoにお任せください。決められた予算内で、用途に応じた最大限のサービスのご提供をお約束いたします。