1/2ボディにウェディングドレスを着せよう ~作図&仮縫い編~

Writing Dates: 2016/07/13 (水)

 


こんばんは、ファッションメイドです。


久々の更新になってしまいました。

 

ここ最近大して楽しい事もなく、
(あったらブログは過疎化していない)
良く言えば平穏、悪く言えば堕落した生活をしております。

 

 

私は個人的にもFacebookをやっているのですが、
勿論こちらも更新する事もないです。

ただこのFacebookとやらは、あまり更新していないと、

 

「最近あった楽しい事を、投稿して見ましょう!」

 

と、まるで心の傷を抉るような通知が来るのです。


全世界の人間が、毎日毎日楽しい日々を過ごしていると、思わないで頂きたい。

 


そして、このFacebook。
設定を変えていないと、丁度数年前に投稿した内容を勝手に知らせてくれるという、
黒歴史をほじくり返すシステムまで付いています。

 

 

私は、弊社のFacebookを更新すると、
個人アカウントでシェアして宣伝をしているので、
1年前等に更新した内容が、個人ページに現れるのです。

 

 

ある日、こんな投稿を見つけました。

 

Screenshot_2016-07-13-11-43-24

 

Screenshot_2016-07-13-11-42-48

 

 


そういえば、こんな事やろうとしてました!


勿論今この瞬間まで忘れていましたが!

 


この時どんなデザインの服を、作ろうとしてたかすら思い出せません。

 


私の脳みそは、実に都合よく仕上がっています。

自分の都合の悪い事、興味のない事はすぐに忘れるのです。


またFacebookの話になりますが、友達かも?の一覧に
元彼の名前が登場したので、冷やかしに覗いてみたら、


友人等合わせて6名で写っている写真を発見したのですが、

 

どれが自分の元彼かわかりませんでした!!!


そして更に、異性との2ショット写真も拝見したのですが、

 

「あーあー!そうだそうだ!こういう顔してたわ!」

 


って言うピンと来る感も得られませんでした。

 

凄いですよね。顔を見ても思い出が蘇らない。
ここまで来ると、元彼だと思っていた名前も、
実は自分の作り上げた幻覚で、
私は赤の他人を元彼と思いこみ、
投稿を見に行った可能性が浮かび上がってきます。


それだけはないと信じたいです。


話を戻しますが、丁度1年前の投稿をみて、
やる気が戻ってきたので、今家でインテリアになっているコイツ

 

16-07-13-17-01-52-825_deco

 

に、服を着せてみたいと思います。

 


デザインを決める

 

 


まず最初にデザインを決めます。


投稿を見て思い出したのですが、
確か私、この時ドレスを作ろうとしていた気がします。

 

折角なので一年前の私の意志を引き継ぎ、
少し豪華なドレスを作ってみようと思います。

 


話またずれますが、この歳になると(27歳)
SNSを開けば、入籍、結婚、妊娠、出産、そして離婚


の報告ばかりを目にします。

これ25歳の時は幸せな報告ばかりだったのですが、
この2年で【離婚】と言うワードが追加されました。

まぁ離婚の場合は報告ではなく、無言の告知みたいな感じなんですけどね。
(名字が戻っている、恋したい、今日から再スタート発言等など・・)

 


そして何故か私の身近な友人は、皆独身なんですけど(類は友を呼ぶ理論)、
専門時代の友人と集まる度に、


「結婚したらみんなでドレスを縫い合おう、学校の教室使って!
 全体揃ったら、展示会しちゃおう!」

なんておちゃらけた夢ばかり話しています。

 


まぁこの発言から滲み出ている、倹しさの欠落
それが独身の理由なのではないかと思っております。

 


私は、とりあえず自分が着たいという気持ちよりも、
作りたい願望が強いので、
今回、このボディで気持ちを晴らそうかと思います。

 

 

IMG00108

 

 

これが確か3分ほどで描いたデザイン画です。
絵に関しては巧遅拙速主義です。

 

 

 

作図して仮縫いを組み立てる

 

 


デザインが決まったので、早速作図です。


ボディのサイズが人間の1/2なので、作図も勿論1/2です。

IMG00029

IMG00030

IMG00031

IMG00032

IMG00033

 


身頃の作図、解りづらいかもしれませんが、かなり小さいです。


一番長い辺で20㎝もないかもしれないです。

そして、ここからファーストパターンと作り
(縫い代がない簡単な型紙)
裁断します。

 

今回使う仮縫いの布がこちら

 

IMG00034

 


わざわざ買うのは予算の都合上勿体なかったので、
過去にオーダーの依頼で使用した布の余り(下段)と、
家で眠っていたドット柄のシフォン地(上段)を使おうと思います。

このドット柄のシフォン地。
恐らく19歳位の時に、日暮里で1m100円で購入したのですが、
この布でどんな服を作って、どこで着ようとしていたのか考えるだけで恐怖です。


若さって怖い・・。

ずっと家で眠らせていたので、ここで活躍してもらいましょう!

 

 

IMG00035

 

さらっと裁断し終わりました。


解りにくいですが、
ドット柄と薄紫の生地のスカートのパーツは各8枚ずつ裁断しています。

身頃には、全て芯地を接着済みです。

 

IMG00037

 

IMG00038

 

IMG00039

 

IMG00054

 


縫っている最中です。

ポイントとしては、身頃は補正がしやすいように、
縫い代が表に来るように縫っています。


バストラインとウエストラインには赤糸で印を付けています。

3枚目の画像は、一番上に来るスカートを、
巻きじつけで止めている様子です。

この時点でかなり面倒で、既に一回目の


「何故私はこんな事をしているんだ」

と言う、感情の波に飲み込まれかけました。


4枚目は一番下に来るスカートのはぎあわせ部分です。
まぁ何となく作る前から気がついてはいたんですが、

 

仮縫いとはいえ、色の組み合わせが最悪です。

 

 

 

IMG00055

 

例のドット柄の布を縫い合わせ、
薄紫と茶色のスカートの上に乗せます。

 

IMG00056

 

2枚同時にギャザーを寄せて、身頃にくっつけます。

そして、一応完成した図がこちらになります。

 

IMG00057

 

IMG00058

 

 

いや、本当にダサい。


びっくりするくらいダサい。

 

可愛さのかけらもない。。

 

 

2枚目の画像を見る限り、シルエットは中々なんですけど、
なんせ色が全てを台無しにしています。

果たして、本当にウェディングドレスが完成するのか、
先が思いやられますが、続きは次回にします。


次回は、スカートのボリュームを出す為に、パニエを作ります。


実はもう既に完成しているので、先に写真だけお披露目します。

 

 

IMG00090

 


現段階では、下に履くパニエの方が、断然可愛いです

 

今はこの汚いドレス、
最後には素敵な一着になる未来図しか、私には見えないので、
是非最後まで見届けて頂ければと思います。

 

 

それではまた次回!!


コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

Faleco Inc. Group

Falecoグループでは、映像製作やイベント向けの衣装レンタル、個人様向けブランドドレスなどをネットレンタル出来るECショップの運営も行っております。
衣装の事はFalecoにお任せください。決められた予算内で、用途に応じた最大限のサービスのご提供をお約束いたします。